KYT 鹿児島読売テレビ

  • 番組表

県ナビ

けんナビっ!

県政に関する様々な取り組みや活動について分かりやすくご紹介します!
※動画更新日は月曜日です

カゴメン!はこちら

最新の放送

最新の放送

12月2日(日)放送

かごしまの水産加工品 〜農林水産大臣賞〜

県では、水産加工業者の生産意欲増進や技術革新を図るため、毎年、「水産物品評会」を開催しています。この品評会は、県内の主な水産加工品が会する唯一の場であり、新たな視点や発想による新商品の開発の一助となっています。今回は、第52回水産物品評会で「農林水産大臣賞」を受賞した合同会社・吉之助キッチンの「8種の彩りフレーバーさつま揚げ」に注目。鹿児島レブナイズの山田安斗夢選手が“新感覚さつま揚げ”の魅力を紹介します。

動画を再生する

次回の放送

次回の放送

12月16日(日)放送

かごしまの水産加工品 〜水産庁長官賞〜

県では、水産加工業者の生産意欲増進や技術革新を図るため、毎年、「水産物品評会」を開催しています。今回は、今年度の品評会で水産庁長官賞を受賞した、合同会社なぶらカンパニーの「薩摩黒たたきころころ」を、鹿児島お笑い芸人Partyの2人が紹介します。ブリを独自技術で熟成させ、希少なホルモンの脂で旨味を閉じ込め香りづけした、鹿児島の新しい特産品の魅力に迫ります。

過去の放送

過去の放送

11月25日(日)放送

かごしまの伝統的工芸品に触れよう! 〜今後のイベント〜

県では、11月28日から12月2日までの期間に、かごしま県民交流センターで「本場大島紬フェスティバル」と「薩摩焼フェスタ」を同時開催します。国指定伝統的工芸品の「本場大島紬」と「薩摩焼」について、それぞれのイベントで作品展示や製造の実演など盛りだくさんのプログラムを実施します。今回は、鹿児島お笑い芸人Partyの2人が、2つのイベントについて、関係者へのインタビューを通して見所などを紹介します。

動画を再生する

11月18日(日)放送

かごしまの伝統的工芸品に触れよう! 〜薩摩焼〜

今回ご紹介する伝統的工芸品は「薩摩焼」です。400年以上の歴史を持つ「薩摩焼」は、豪華・繊細な仕上がりの「白薩摩」と、庶民の生活の器として親しまれてきた「黒薩摩」の2種類に大きく分類されます。今回は、鹿児島レブナイズの肥後剛選手が、「薩摩焼」の系統の1つである龍門司焼の製造・販売などを行う姶良市の「龍門司焼企業組合」を訪れて、ロクロ体験などの紹介を通して、「薩摩焼」の魅力をお伝えします。

動画を再生する

11月11日(日)放送

かごしまの伝統的工芸品に触れよう! 〜本場大島紬〜

今回紹介する伝統的工芸品は「本場大島紬」。本場大島紬の起源は、1300年以前にさかのぼり、日本で最も長い歴史と伝統を持つ織物の1つです。昭和50年には、国の伝統的工芸品の第1号として指定を受けました。番組では、鹿児島お笑い芸人Partyの2人が、「本場大島紬」の展示・販売などを行う鹿児島市の「奄美の里」で、大島紬の展示の様子や製造工程見学などの紹介を通して、その魅力を伝えます。

動画を再生する

11月4日(日)放送

かごしまの伝統的工芸品に触れよう! 〜川辺仏壇〜

鹿児島県には、経済産業大臣の指定を受けた国指定伝統的工芸品が3つあります。「本場大島紬」「川辺仏壇」「薩摩焼」です。今回は、このうち「川辺仏壇」を、鹿児島お笑い芸人Partyの2人が紹介。南九州市の「川辺仏壇工芸会館」を訪れ、仏壇の展示や体験コースなどの紹介を通して、「川辺仏壇」の魅力をお伝えします。

動画を再生する

※都合により、番組の内容を変更することがあります。

※番組内容の詳細は、鹿児島県ホームページ の左側メニューにある【広報誌・広報番組】をクリックして参照して下さい。

番組に対するお問合せはこちら

鹿児島県広報課広報係
TEL:099-286-2098
FAX:099-286-2119
Mail:prkoho@pref.kagoshima.lg.jp