キャラバンブログ

北薩地区をまわりました!

2019.08.21(水)

キャラバンカーも5か所目となり、折り返しになります。今回は北薩地区をまわりました。

 

最初に向かったのは「北薩広域公園」です。

 

たくさんの子供たちが待っていてくれました。

ここで出会った5人家族。お父さんが家族への思いを話してくださり、この5人で本当によかった」という言葉に、私まで幸せな気持ちになりました。

お互い鹿児島出身のご夫婦の出会いは大阪。しかし実は、高校は違うけど同じ奄美市の高校に通っていたことを、大阪で出会ったあとに2人とも知ったそうです。

高校時代は同じ市にいても知らない者同士だった人が大阪で出会うとは…とても素敵な話も聞くことができました。

 

そして癌で闘病中のお父さんへ思いを届けるため、書きに来てくれた女性もいました。

今までなかなか言えなかった感謝の気持ちをキャラバンカーに書いて伝えます。

仕事が大好きだったというお父さん。そんなお父さんの大きな愛に包まれ、支えられていたことに改めて気づいたんだそうです。

私も一人暮らしを始めて、改めて両親のありがたさを感じました。だからこそ、日々ありがとうなどの言葉一つ一つをきちんと伝えていこうと思いました。

 

続いて訪れたのは、「道の駅 阿久根」です。

 

道路から見える海の景色がとてもきれいで感動しました。海の広さを再確認しました。(笑)


 

ここではバレーボールを15年続けている大学生に出会いました。

バレーを始めたきっかけは両親。試合の遠征なども多かったそうですが、いつも両親がサポートしてくれていてとても感謝していると話してくれました。

そんな男性は小学校の監督から贈られた「夢への挑戦」という言葉を大切にしています。

来年社会人になるということで、「仕事とバレーを両立できるように頑張りたい」と決意を表してくれました。

最後に男性の夢は「親が自分にしてくれていたように自分も子供たちの夢を支えてあげられるような家庭を作っていきたい」です。

とても素敵な夢であり、目標であると感じました。

たくさんのメッセージありがとうございました。


キャラバン隊長 園田貴央

戻る