KYTアナウンサーブログ

手前味噌ですが、、、

2020.11.17(火)

アナウンス技術を審査する

NNSアナウンス大賞のテレビ部門で

「優秀賞」をいただきました。

日本テレビから届いた立派な盾。

見た目以上にずっしり重みがあります。

かっこいー!


何でも、NNN系列各局、

400余名のアナウンサーの中で

受賞者は4人だとか。


恐れ多いことです。


このNNSアナウンス大賞。

日本テレビ系列のテレビ局のアナウンサーが出演したVTRをまとめて提出。


各局のアナウンス責任者の代表に

アナウンスの力を

審査していただくというもの。


実はわたくし。

優秀賞をいただいたのは

2017年に続いて2回目。

2度の受賞はKYTのアナウンサーでは

初めてということで、、、

社内表彰もいただきました。


日頃の仕事に対して

評価いただいたというのは…

素直に嬉しい!!

ありがとうございます。

励みになります!!



「テレビの仕事の楽しさは何ですか?」。

そんな質問を受けることがあります。


アナウンサーという仕事は

普段は行けない場所に行けたり、

普段は会えない人に会えたり、、、

色んな瞬間に立ち会えたり、、、

様々な魅力がありますが、、、


私が一番感じるのは。


「仲間と一緒に作り上げる楽しさ」。


一緒に取材に行くカメラマン、

アシスタントがいて、

原稿をチェックするデスクがいて、

VTRの編集マンがいて、

タイムキーパーがいて、

スタジオのフロアディレクターがいて、

仲間のキャスターがいて、

気象キャスターがいて、、、


誰一人欠けても番組は成立しません。


毎日、ニュースと真剣に向き合っている

仲間と作り上げた番組が

評価されたことが、何より嬉しい。

まずは、仲間たちに感謝したいと思います。


そして、いつも番組を見てくださる

テレビの前の皆さん。

アプリやHPでニュースを

見てくださる皆さん。


そして、何より。

取材やロケに協力してくれた皆さん。

入社して20年目。

数えきれないほどの

皆さんの協力や支えで

私の仕事は成り立っています。


一生懸命頑張っていればいいことあるな。

そう感じるのです。


そして。もう一つ嬉しかったのが。

今回のNNSアナウンス大賞、新人部門で

後輩の熊木アナが新人賞を受賞しました。

アナウンサー歴3年以内の

系列局のアナウンサーの中で

4人が受賞というもの!


テレビ部門優秀賞、新人部門新人賞。

W受賞は

これまたKYT開局以来、初めてのこと。


着実に後輩も成長しています。

アナ歴20年目の

おじさんも負けてはいられません。


大いなる刺激を受けたのでした。


今日は手前味噌、、、、な話で恐縮です。


今日もevery.とブログを

ご覧くださりありがとうございました。


明日も一生懸命伝えます。


戻る