KYTアナウンサーブログ

実りの秋と芸術の秋

2020.10.29(木)

こんにちは。山下です。


お風呂に夕飯の支度に…1分1秒を争う帰宅後の時間。

「いっしょに!!」と手を繋いで踊らされたり、

絵本を「よんで!」と次々持ってきたり

ティーパーティ(おままごと)に誘われたり…

散々邪魔しておいて、とつぜん「おなかすいたー!」と

しびれを切らすちびっこズ。

そんな我が家の救世主がこちらです。



実りの秋。

芋掘り遠足に行った子どもたちが持ち帰ってきました。

ご飯を炊くついでに炊飯器で蒸したお芋を握らせると

たちまち平和に♪ 夕飯までの”間”を繋いでくれます。

収穫したてより少し寝かせた方がデンプンが

糖になって?甘みが増すと聞いたので楽しみです。


山形屋画廊で始まった薩摩切子の展示会にお邪魔しました。

およそ300点もの煌びやかな薩摩切子が並ぶなか

放送ではご紹介しきれなかったのですが、

私が目を奪われてしまったのがこちら。



東京ドームで行われたテーブルフェアフェスティバルに

出品されたもので、鹿児島では初お目見えとのこと!

燭台まで薩摩切子・・・ため息しかでません。

赤や紫の色を出すには、純金が原料に使われるそうです。

宝石のようなきらめき、色彩のグラデーションが放つ柔らかな美。

11月3日まで入場無料でご覧になれますのでぜひ♪


きょうも見てくださってありがとうございました。


戻る