KYTアナウンサーブログ

年末年始は実況3連戦!

2020.01.13(月)

ご挨拶遅くなりましたが・・・

あけましておめでとうございます。

年末年始はスポーツ番組の取材や中継でバタバタしておりました。


まずは、高校サッカー選手権

県代表の神村学園が2回戦で惜敗し、静岡学園の優勝で幕を閉じたこの大会、

私は「 神村学園 VS 前橋育英 」の1回戦で実況を担当しました。


(解説は「ミスターレッズ」 福田正博さん 。埼玉が地元の私にとって、浦和駒場スタジアムで福田さんと共に放送席に座らせていただくのは夢のようでした!!!)


13大会前、初出場でベスト4まで駆け上がった神村学園

2大会前、この選手権で全国制覇した前橋育英


注目の一戦は、PK戦までもつれ込み、神村学園が勝利を収めました!


放送は、リポーターの皆さんや解説の福田さんに助けていただいた部分は大きいですが、

緊張の中でも試合を楽しみながら伝えることができました。


一方で、敗れた選手たちの顔を見ると、「その選手たちが3年間積み上げた努力や想いを自分はしっかり伝えきれたのだろうか」という思いに駆られました。


伝える楽しさと難しさ。

両方を強く感じた今回の経験を今後のアナウンサー人生に繋げていきたいと思います。


(大会前には前橋育英にも取材に伺いました)



(Jクラブのような立派なクラブハウスにビックリ!)



(前橋育英は96回大会の王者!校舎の入り口には「全国制覇」の文字が刻まれていました)



高校サッカーの前日までは、少年サッカーでした!

全国大会が鹿児島開催となって5回目の「全日本U−12サッカー選手権」。


なんと、準決勝の第2試合「バディーSC(神奈川) VS センアーノ神戸」の実況を担当させていただきました。

全国大会での実況はもちろん初めてでした!


(解説は北澤豪さん。試合前の収録では極度の緊張で何度も噛む始末でしたが、優しくフォローしてくださいました)


試合は、バディーが2点取った後、センアーノが2点を返し延長戦に突入。

結局、勝負はPK戦で決めることになり、バディーが決勝に勝ち進みました。


高校サッカーとこの少年サッカーで、憧れの解説者と大きな舞台で実況を担当することができ、この仕事に就いてよかったと心から思いました。

選手を輝かせられるように、サッカーの面白さが伝わるように、さらに精進します。



(左から、日本テレビ・山誠アナ、KYT・橋口アナ、私、日本テレビ・伊藤遼アナ。伊藤アナは同期で、一緒に仕事するのがとても嬉しかったです。また来年も鹿児島に来てくれたらいいなあ)



そして、少し前には、空手の実況もさせていただきました。

幅広い年齢の空手家が集まる「極真空手ドラゴンカップ西日本空手道選手権」です。



(解説は、ワールド極真会館 鹿児島支部の別府良建さん。筆頭指導員として後世の指導をされています)


初めて生で見る空手の型と組手。

日頃の鍛錬が一目でわかるような気迫、キレに終始圧倒されました。


解説の別府さんに助けていただき、放送は無事に終えられましたが、反省はたくさんあるので、また次の機会に生かします。



今年はいよいよ、東京五輪!そして、かごしま国体

日本にとっても鹿児島にとっても、スポーツが盛り上がる1年になりそうで楽しみです!

戻る