KYTアナウンサーブログ

両親の前で初めて掴んだ「優勝」

2019.01.26(土)

正月の高校サッカー選手権が幕を閉じてから2週間。

早くも「次の世代の戦い」が行われました!


新人戦の決勝カードは、出水中央鹿児島城西



前半、初優勝を狙う出水中央がいきなり先制しますが、

後半、鹿児島城西が立て続けに3点を奪って逆転します。


鹿児島城西が3−1で出水中央を破り、6年ぶりの優勝を決めました!



新チームでキャプテン10番を託されたのは、

大阪府出身の北條 真汰選手。



全国の強豪校から声がかかりながらも

「自分を1番必要としてくれた」と城西の門を叩いた選手です。


しかし、自身が入学してから、県大会で優勝したことはありませんでした。


しかも、大阪に住む両親は決勝しか見に来ないため、

北條選手は両親の前で一度も勝てていませんでした。


そんな中、初めて掴んだ優勝


北條選手は「両親の前で勝ててよかった」と嬉しそうでした。


優勝を目の前で見届けた父・正明さんも

ニコニコしながら「ここからや!」と今後の活躍に期待を膨らませていました。


(左が鹿児島城西の北條真汰主将)


この先、高校総体、選手権と続く戦い。

どんなチームに成長していくのか。

今からワクワクします!

戻る