KYTアナウンサーブログ

第97回全国高校サッカー選手権大会

2019.01.14(月)

あけましておめでとうございます!


年末年始は高校サッカー選手権のスタッフとして東京に行っていました。


県代表は、超攻撃サッカーが魅力の神村学園

ライバルの鹿児島城西から7つのゴールを奪い、全国への切符を掴みました。(県大会決勝で7ゴールは史上最多得点



(大会直前の練習試合。岡山代表の岡山学芸館に3対0で快勝しました!)



2年連続で挑む全国大会。


(開会式を終えた選手たち)


初戦の相手は福島代表、尚志高校

17歳以下日本代表の選手を擁する格上の相手です。


神村は、相手にボールを握られ、後半15分に先制を許しますが・・・

終了間際、ゴール前でフリーキックを獲得!


なんとこれを隈元選手が直接叩き込みます!!!


大仕事をやってのけた隈元選手に、

神村ベンチ、応援席はこの日1番の盛り上がり!!!


私もベンチのそばで思わずガッツポーズしてしまいました!


最後の最後まで、走り続けた選手たちの思いがゴールに繋がり、感動しました!


結局、神村はこのあとのPK戦で敗れてしまいましたが、

大会ベスト4まで勝ち進んだ尚志を相手に素晴らしい戦いを繰り広げた選手たちを称えたいと思います。



(試合後の選手たち)


入社して2回目の高校サッカー。

今回は、色々な人の思いを考えながら伝えられるようになった気がします。


前回は、

「リポートで何しゃべろうかな」、「噛まないようにしよう」と自分のことで精一杯でしたが、


この選手権で活躍するために3年間努力してきた選手の思い、


現地に行けず、離島から選手を応援する家族の思い、


県大会で敗れた選手たちの思いなど、


色々な立場の人の思いを

より強くイメージしながらマイクを持てたと思います。


高校サッカーに限らず、これからもっと視野を広げて、

アナウンサーの発する言葉の重みや責任を

意識して話せるように精進します。

戻る