KYTアナウンサーブログ

膵臓がん 画期的な検査

2018.06.26(火)

鹿児島県民総合保健センターにこんなポスターが貼られています。

膵臓がんの早期発見に向けた検査研究への参加を呼びかけるものです。

難治がんと言われる“膵臓がん”。

体の奥深くにある膵臓は症状が出にくく見つけにくいとされています。

そのため、ほとんどの方が「ステージ4」と進行した状態で見つかるそうです。


そうした中、最先端のがん研究を行う

「国立がん研究センター研究所」が

血液の検査で“膵臓がん”を発見するという

画期的な検査の研究を進めています。


研究の舞台となったのがなんと鹿児島です。


来月4日(水)放送予定の

news every.かごしまの「医療のゆくえ」では

この画期的な検査について徹底取材!

わかりやすくお伝えします。


今日もevery.とブログをご覧くださりありがとうございます。






戻る