KYTアナウンサーブログ

臨場感って こういうこと。

2017.09.15(金)

先日放送した、

「追悼 松澤隆司前総監督

    夫婦でつかんだ日本一」。

多くの方にご覧頂きました。

県内だけでなく県外からの問い合わせの数々。

本当にありがとうございます!

制作者としてこれほどの喜びはありません。


そして、改めて感じる松澤先生の大きさ。

多くの方に愛された指導者でした。

以前のキャスタートークでもお伝えしました。

私にとっても松澤先生は恩師。

スポーツの楽しさ、実況の難しさ、

高校サッカーの素晴らしさを教えてくれた方です。

今回の番組、先生も喜んでくれてたら嬉しいです。


さて、番組には鹿児島実業のOBにも

出演いただきました。

その1人がガンバ大阪の遠藤保仁選手。

インタビューの際、訪ねたのが市立吹田サッカースタジアムです。


去年、完成したばかりのサッカー専用スタジアム。

写真ではわかりづらいですが、

スタンドはかなりの傾斜。

最上段からは見下ろす感じになります。

サッカー好きにとっては、

こうした作りは選手全体の動きがわかりやすい!

また、ピッチが近いので、

  選手の息づかいも感じられる。

まさに、これこそが「臨場感」。

久しぶりにサッカー専用スタジアムに行ったので、

興奮してしました。

ちなみに、このスタジアム。

建設費、約150億のうち130億が

一般、企業からの寄付金で賄われたそうです。

すごいですね。

鹿児島県内でもサッカー専用スタジアムの

建設に向けた動きは出始めています。

どんなスタジアムが完成するのか楽しみです。


今週もevery.とブログとキャスタートーク。

ご覧いただきありがとうございました。


















戻る